ようび

ようび

世界の森で、ほぼ日本にしかない「ヒノキ」の新しい家具

私たちが作りたいのは、「人に使ってもらって生活が楽しくなる物」。観賞用ではなく、使い勝手の良さと楽しさがあふれる「用の美」。相手の欲しいものを本気で作るとそこに「用の美」が生まれます。

ようびは、これまで主に建築に使われてきたヒノキを、表舞台へと送り出すべく、ヒノキの家具に挑んできました。本来、愛されたが故にたくさん植えられたはずの、ヒノキや杉が、なぜ積極的に家具材として利用されてこなかったか。それは、よく言われる「強度」の問題ではなく、家具が元来西欧の堅い木でつくられ、輸入されたものであったという、「文化」の問題であったように思います。

まっすぐで木目も美しく、強度のあるヒノキは、主に寺社仏閣の材料として使われ、一般庶民の使える材料ではなかったのです。今、ヒノキや杉を豊かに使うことを、皆が許された初めての時代なのです。

岡山、県北のヒノキを使った家具をつくり続け、「これが日本の新しい家具だ」と言える、触れるとあたたかく、軽いヒノキの家具を、「木組み」でつくることが出来るようになりました。


デザイン・実際のすわり心地にも、徹底的にこだわっています。使うほどに色濃く、艶やかに育つヒノキの家具を、是非、その目で確かめてみてください。

Product List